第3回オープン講座 《 例会 第2400回 》のお知らせ

《 丸の内朝飯会は1963年に始まった異業種交流会・勉強会の草分けです。2013年より会員外の方々にも参加を呼びかけて、年1回、定例会の特別枠として「オープン講座」を開催しております。この機会に丸の内朝飯会に参加しませんか? 》

特別講演: 日本橋にみえる江戸文化
講師: 中村 胤夫 氏(名橋「日本橋」保存会会長・元三越社長)
日時:2015年4月23日(木)7 : 30~8 : 30 講演
(6 : 50~7 : 30 朝食 8 : 30~9 : 00質疑応答)
会場:東京グリーンパレスホテルB1階 宴会場 http://www.tokyogp.com/
会費:2000円(丸朝行事参加2回目以降の方)、1000円(丸朝行事初参加の方):朝食代を含む

講師より一言:
このたび、丸の内朝飯会でお話しする機会を得ましたことに対し、大変光栄に存じております。三越を通じ50余年お世話になっている日本橋を文化的見地から、商人目線で論じてみたいと思います。この機会に日本文化の良さを再認識していただければ幸いです。

今、日本橋が話題沸騰です。江戸時代 日本橋は文化、経済の中心でした。18世紀中頃、江戸は100万人都市として花開き、日本橋にも江戸独特の文化が数多く生まれました。現在も脈々としてその文化のDNAが受け継がれ生活に潤いを与えています。

その1  今回は江戸文化の誕生とその発展の過程、またその文化がどのようにして、今に残されているのかを実例をあげて話を致します。
1 魚河岸から生まれた「いき」「いなせ」文化は・・・・。
2 エコエド運動(江戸の生活様式から学ぶ)

その2  江戸文化の波及、発展には商人の力が大変大きな役割を果たしました。
1 商人たちの情報の集め方、活かし方。
2 200年300年続いている老舗文化と路地文化に、焦点を当ててみます。

その3  「これからの日本橋」について、2020年にオリンピック・パラリンピックが東京で開催されますので
1 世界に通じる日本橋のまちづくり。
2 商人文化、賑わいのあるまち、大人のまち、など。

【中村胤夫 なかむら・たねお 氏 プロフィール】
1936年長野県塩尻市生まれ。慶應義塾大学法学部を卒業後三越に入社。2002年代表取締役社長、2005年代表取締役会長、2006年相談役、2009年から特別顧問。この間、日本百貨店協会会長、日本小売業協会会長などを歴任。2006年から名橋「日本橋」保存会会長。長野県 県政参与。2005年フランス共和国国家功労勲章オフィシエ受賞、2007年英国名誉大英勲章CBE受賞。

参加申し込み締切日:4月16日(木)
問い合わせ・申し込み先:美谷島克実(biyajima@tcn-catv.ne.jp)

このエントリーをはてなブックマークに追加